園内紹介(はぐみこども園)

1F
2f

A. ランチスペース

ランチスペースクリックで拡大

木のぬくもりに包まれた開放的なランチスペースはガラス張りになっており、調理の様子を見ることができます。「今日のご飯はなーに?」「いただきます」「美味しかったよ、ごちそうさま!」と子どもたちと調理師の会話や笑顔で溢れるこの空間で、ごはんができるまでの調理の音や、美味しそうな匂い、作ってくれている人の温かさを感じ、食べる楽しさや食材・栄養への興味関心、食べ物を大切にする心を育んでいって欲しいと考えています。

また、ここでは様々な食育活動を行っています。おやつクッキングや栽培した野菜の調理、お味噌づくりなどなど、子どもたちとやってみたい活動がたくさん!保育士・調理師が協力しながら、「食」を通じた豊かな経験・活動を子どもたちに提供していきます。

B. 1階園庭

約300㎡の大きな園庭でダイナミックに体を動かしたり、泥・砂・水等の感触遊びを思う存分楽しむことができます。夏には大きなプールも登場します。畑で野菜を栽培したり、木工コーナーで工作を楽しんだり、子どもたちの興味や好きなことに合わせて保育環境を自由に変化させていきます。

B. 2階ウッドテラス(約100㎡)

主に0歳~2歳児クラスが使用します。テラスには小さな砂場と足洗い場があり、砂・水を使った乳児期に大切な「感触遊び」を心ゆくまで楽しむことができます。スペースも十分にあるので、小さなすべり台や教具を使いながら歩く・走る・飛ぶ・またぐなど、子どもたちの成長に合わせた体を動かす遊びを思い切り楽しむこともできます。
また、壁にある小窓からはお兄ちゃん・お姉ちゃんたちが園庭で遊ぶ様子を見下ろすこともできます。プランターでの野菜栽培やごっこ遊びに使う草花の栽培もウッドテラスで行っていきます。

C. 絵本室

床暖房完備の絵本室には温かい光が差し込み、ゆったりと座れるソファと共に子どもたちがほっと落ち着ける空間となります。
自分で好きな絵本を手にとれるように表紙が見えやすい面差しの棚に置き、子どもたちの興味や発達、季節や活動に合わせて入れ替え、常に好奇心を刺激するよう配慮します。文字数の少ない簡単な絵本から、子どもたちの生活体験に近い物語や、昔から語り継がれてきた昔話、世界の絵本など子どもたちがいろんな種類の絵本と出会えることを期待しています。

D. 病児保育室

看護師常駐の病児保育室にてお子様の看護を行います。

当保育園をご利用の園児が保育中に急な発熱・下痢・嘔吐等の症状により、集団生活が困難となった場合や、けがなどで個別に配慮が必要な場合は、当園の看護師が園児の保育に専念します。

また、病気の急性期を過ぎて回復状態ではあるものの、集団保育はまだ不安な園児について、専任の看護師が病児保育室にて日中の保育を担当します。少人数制のゆったりとした雰囲気の中、お子様が元気になるまでのサポートを行います。

はぐみ保育園に
通おう!

はぐみ保育園では園児を募集しています。
入園をお考えの方、もっと詳しい話を聞きたい方は
お気軽にお問い合わせください!

  • 少人数保育
  • 自園調理
  • 便利なアクセス