はぐみだより
  • 2019.02.09
  • blog

保育室の工事*進捗状況について〜遊び扉編〜

第二弾は、保育士たちが設計段階からこだわり続けた遊び扉です

 

普段は壁と一体化していますが、使用するときにはパーテーションのように動き出てきます。

安全面にも配慮し、床で固定できる壁の仕掛けです。

 

工事前↓

階段の下を活用して、壁を作り、子どもが通りやすい高さの出入り口や、

顔を出して友達ともやりとりが出来るカウンターを作ります。

 

工事中↓

子どもたちってちょっと狭いところとか隅っこが大好きですよね♬

 

子どもたち自身でこの空間を、日々の経験や体験、自由な発想からイメージし、

友達と遊びを共有し、ごっこ遊びが展開しやすくなるよう工夫を施しています。

 

可動式にすることで子どものイメージに合わせた保育環境を整えることが出来る遊び扉。

 

扉が出来上がり、この場所で子どもたちが遊ぶ姿を、楽しみにしています!